すでに導入していただいている実施園様からのご相談にスタッフがお答えします。

過去のご相談事例

導入の時、前に出て代表でやってくれる子が、間違えてカードを置いてしまいました。見ていた他の子たちが、ザワザワしはじめたので、その子だけにわかるように、もう一度説明し、もう一度考えて置きなおすように指示をしました。今度は、ぴったりの所に置いてくれたので、なんとか進めることができました。この場合どのように対処したらよかったのでしょうか?

心配いりません。〝間違い〟は〝学びのチャンス〟です!

〝間違えた子どもが落ち着いて再考できるように配慮する〟という指導者の考え方は、大変良いと思います。しかし、代表者の子どもと指導者との間だけで会話が交わされ、見ている子ども達には何も聞こえてこないとき、多くの子どもの集中は途切れてしまいます。 〝間違い〟というのは、とても良い〝学びのチャンス〟となります。

ご質問の場合、見ている子ども達にも教師の説明が聞こえるようにし、「何をどのようにしたら良いかを皆で一緒に考える」という気持ちを持たせましょう。その後、代表者の子どもが再考し始めたら、指導者は見ている子ども達に視線を投げかけるとともに、代表者の子どもを見守りながら、一緒に考えていることを態度で示し、見ている子ども達にも一緒に考えようという気持ちを持たせましょう。

このように、みんながめんたるぷれいに集中できるような指導を心がけましょう。

ご参考上図の点線部分に、間違ったカード(☆)を置いたときには、カードをずらし、双方が見えるように置き、上下それぞれの絵を指で示しながら「この絵はおなじかな?」と声を掛け、どこを比べれば良いかポイントが伝わるようにするとよいでしょう。

    年少No.5-1「どれに いれる」カード(1)(2) 合計24枚のカードを机上にうまく整理する方法を教えてください。  

    机上を整理する力は、子どもたちの頭の中に浮かぶさまざまな考えを整理する力にもつながります。3歳児のめんたるぷれいでは、少しずつ机上の整理の仕方も身につけさせたいですね。

    ★カードの切り取りとカードの整理を同時に行う遊びで、十分なスペースが机上に取れない場合には・・・

    提案1

    1.「どれにいれるカード(2)」を切り取らず、そのまま台紙として使い、切り取った「どれにいれる カード(1)」をそれぞれがペアになるように置かせる。(図1)

    2.次に「どれにいれるカード(2)」を切り取り、それぞれがペアになるように置かせる。(図2)

    提案2

    準備) 下記のPDFファイルをダウンロードし、A4サイズからA3サイズに拡大(141%)コピーし、台紙として使う。

    ・☆印の箇所に「どれにいれるカード(2)」を置き(置き場所を指定する必要はない)、それぞれがペアになるように「どれにいれるカード(1)」を置かせる。

      ご相談メールフォーム

      同意確認 必須 同意する
      ※このサポートへのご相談は、みなさまの情報共有を目的として回答を含め、当ページへの掲載を前提とさせていただきます。
      幼稚園・保育園名 必須
      先生のお名前 必須
      メールアドレス 必須
      メールアドレスの再入力 必須
      ご相談内容 必須
      送信確認 必須 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください