子どもの知能は刺激を待っている|年少、年中、年長と、成長に合わせ、子どもたちの知能を飛躍的に発達させる知能教育教材「めんたるぷれい」
知能教育理論
実施園の声
まずはこちらをご覧ください
家庭用めんたるぷれい
自分で考え、自分で判断し、自分でできる「めんたるぷれい」は、知識の詰め込みではありません。

今までの学校教育は、ある事柄を認知し、記憶し、そして再生するということが中心でした。学歴がものをいい、知識が豊富であることのみが重視されてきました。

しかし、今日の常識が明日の非常識になってしまう、半年先ですら見渡せない時代の変革期。そんな不安を抱える時代の子どもたちには、学歴よりももっと大切な力が必要ではないでしょうか。

自ら学び、考えることができる「生きる力」。

この「生きる力」とは、何か困難にぶつかったとき、どうしたら解決していくことができるかを様々な方向から考えることができる力です。様々な方向から物事を考えるためには、大脳の成長の最も盛んな幼児期に、無理なく楽しく全ての知能を伸ばしてあげることが重要です。偏った刺激ではなく、バランス良く刺激された知能は、知性を備えた活発な創造力のある本当の意味で「生きる力」を持った子どもに成長していく土台となります。

子どもの好奇心をそそり、楽しくあそぶ中で知能を伸ばすことができるのが、「めんたるぷれい」です。決して無理に知識を詰め込むのではなく、「自分で考え、自分で判断し、自分でできる」力を育むことにより、子どもが自ら伸びていくあそびなのです。